about_us

『木を料理するということ』

ラボラトリーの制作コンセプト『木を料理するということ』

「加工」ではなく「料理」なのです。

 

レストランを想像してみてください。

活きの良い素材、クセの強い素材、香り高い素材、・・・

シェフが市場で仕入れてきた新鮮な素材です。

お客さまがご自分で持ち込んだ思い入れのある素材もまた結構。

お客さまのその日の気分や体調に合わせて、シェフは腕をふるいます。

 

ラボラトリーの家具は「料理」されています。

誰がどのように使うのか。

好みや相性、将来設計にあわせて、料理する。

対話を重ねながら、ひとつひとつ丁寧に。

塩加減、茹で加減、スパイスの使い方はどうぞシェフにお任せください。

 

もうひとつ大切なことは主役=家具でないこと。

このレストランの主役は「料理」ではなく、料理を囲む人々。

テーブルを囲む賑やかな家族。

今日の出来事を語らう夫婦。

談笑にふける友人同士。

ゆったりと心地の良い時間をすごす、おひとりのお客様。

 

家具に集う人々こそが主役だと考え、我々は今日も木を料理します。