activities

WORKSHOP 2

2009年3月 ラボラトリーアトリエにて

 

5月に展覧会を控えたイラストレーター長野さんの作品用額縁を、森林保全活動団体『五反舎』メンバーで制作することになりました。真剣に遊ぶことが好きな仲間たちということで、ワークショップ形式で制作を楽しむ企画になりました。

桐の板に、与えられたミッションからイメージできる絵をグループに分かれて描いていきます。長野さんの、イラストへの思いからできたミッションのキーワードは「一滴の水から海へ」「乗り越える人」「出会い」でした。

 

 

 

 

 

 

 

彫刻刀で着々と彫ります。

ひたすら彫ります。

額縁の模様のはずが、なんだかエスカレートしてきました。

全面に墨汁を塗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマチックな彫り込みが完成しました。

この墨色の板が『百顔繚乱展~長野亮之介の顔仕事!!』会場で額縁となって活躍したのでした。