activities

さくらを植える

森は、若木と老木が世代交代をしながら長い間続きます。

しかし、人の手で老木を伐採し、若木に養分や光がいきわたるように

サイクルをつくっていかなければ、森は健やかに育たないのです。

わたしたちは、役目を終えた樹齢何十年、ときには何百年もの大木の命

をいただき、作品を生み、里山で生活をさせてもらっています。


中でも美しい木目を持ち、硬く緻密な材質であるさくら材は

家具やカトラリーづくりに欠かせない存在です。

 

日本の森林からいただいた命が作品となり、

あるひとの生活に寄り添う。

それが私たちの活動に継続性をもたらし、

繰り返し木を植えることにつながる。


若い木が、育ち、めぐっていく。


 そのイメージが形となり、さくらの植樹活動につながりました。

 

 

 

*みかづきさんの売り上げの一部が、

 さくら並木ネットワークに寄付され、

 東北でのさくらの植樹活動に役立てられます。

 

オーガビッツ(こちらに寄付し、実際に植樹します)

さくら並木ネットワーク(活動の運営団体のホームページへ)

Photography: Takuma Itoi