for_kids

品川区保育園 こどものとおりみち①

都内の駅に隣接する建物に新設された保育園の長い長い廊下に、8種類の遊具を提案・デザイン・制作しました。安全を確保しながらも、こどもの冒険心をくすぐるよう随所に仕掛けをほどこしました。

 

でんしゃのみち

東急線に隣接した保育園なので、その電車のカラーを意識してデザイン。床面には線路が描かれ、こどもの空想を広げます。

吊り革は、東急線の優先席で採用されているものと同じ本物を使用して、リアリティを出します。

トンネルの中に隠れたり、穴からのぞいたり。こどもたちの大好きな遊び方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ころころのみち

ゆるやかな傾斜のみちにボールを転がすと穴から落ちたり、かごに入ったりする遊びです。

シンプルな遊びですが、何度も何度もボールを転がしてみたくなります。上段はちょっと見えづらい高さなのがポイント。ボールがいつ穴から落ちてくるかをわくわくしながら眺めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てざわりのかいだん

2種類の浅い階段と無垢木のてすりだけでできた遊具。つかまり立ちをしたりジャンプをしたり、年齢によってさまざまな遊び方になります。

フリークライミングの岩のようなシルエットのてすりは、さまざまな無垢材をカットし磨いてつくられています。木の触り心地も楽しんでもらいたいとデザインしました。想定どおりにえっちらおっちら登っている姿を見るとちょっと嬉しくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こだちのトンネル

長い廊下を活かして、木製のスリットを並べました。入口を何か所かつくって、木の葉を模したオブジェを取り付ければ、森の散策道の完成です。

木々を仰ぎ見れば、木漏れ日が差し込む森の風景が浮かんでくるかもしれません

お散歩なのか、木の実を摘むのか、狩りに出るのか...