for_kids

つみきいす

東京都・飯田橋で2015年に開園した保育園。その遊び場へご提案をさせていただき形となった「つみきいす」。


遊び方を限定せず、こども自身で遊び方を作り出すことができます。名前のとおりつみきとして遊んだり、アーチの上に乗って橋をわたるような遊びをしたり、木馬のように乗ってみたり。時には空間を仕切ってごっこ遊びをしたり。集合させて舞台になるかもしれません。


自由な中にも寸法の関連性を持たせ、つみきといすの寸法はこどもたちが日常使っているいすの座面の寸法と関係しています。


材料には軽く柔らかい、防虫効果や湿度に強いなどこどもたちの生活環境に適した桐材を使用しました。厚さの異なる板をプレスし1枚の板とすることで強度も高めています。実際に田中英一の家庭でもこどもたちにとことん遊んでもらうことで、改良を重ねて完成した「つみきいす」です。