うつわ作品(大皿)

Utsuwa
うつわ作品(大皿)
樹木が本来持っている形に添い、内側に隠れた姿を削り出すことで、二つとない大皿が生まれます。
そこに漆化粧が施され、食材が色とりどりに盛り付けられる時、かつての木片はお料理の舞台に生まれ変わるのです。
それが食卓に供される時、集う人たちにとって特別な食の時間が開演することでしょう。
うつわ
うつわ